知人のX氏(男性、30代)がクレジットカードを作ろうとしたところ、なぜか審査に落ちまくりだとのこと。借金があるわけでもなく、過去に携帯電話利用料の引き落としが滞ったりしたことなどもなく、勤務先の勤続年数もそこそこ長く、ほかにも何も問題がなさそうなのに、一体なぜ審査で落とされるのか全く見当がつかないのです。

いぶかしがっていたところ、別の知人が原因とおぼしきらしきものを見つけてきました。ネットの噂話とかではなく、何と三井住友カードの公式サイトにしっかり載っている情報です。

これに照らして、X氏の審査落ちについて考えてみます。

これまで、ローンの利用も、クレジットカードのお申し込みすらしたことがなく、信用情報が何も登録されていない人は「スーパーホワイト」と呼ばれ、クレジットカードの審査では不利になる場合があります。 ─略─ なぜ、信用情報に特別な問題がないスーパーホワイトも、クレジットカードが作りにくいのでしょうか。 それは、自己破産をした経験があり5~10年ほどでその情報が信用情報から消えた人と、過去にクレジットカードを申し込んだことがない人が同じ状態に見えてしまう恐れがあるからです。 ─略─ ‥‥30代になって初めてクレジットカードを申し込む場合、前述したスーパーホワイトに分類されて、審査に落ちる可能性があります。
[同]

つまり、それなりの年齢になっていながら過去に一円もローンを組んだことがないような〈きれいすぎる〉人は、信用情報機関の目には、自己破産した人と同じように見えてしまうということらしいのです。X氏がいきなり審査で落ちたのは、これのせいだと思われます。ローンを組んでそれをきちんと返済しているという記録のある人のほうが信用される、という世界のようです。

審査に落ちた彼はその後どうしたかというと、年収を高めに申告すれば通るだろうと思い、そのようにやってみたそうでして──

クレジットカードを作れないと困るからと、申込書に嘘を書くのも厳禁です。年収は高めに、他社からの借入額は少なめに書きたくなりますが、これらの情報はクレジットカード会社が調べればすぐにわかってしまうため、虚偽報告として逆に審査に響くことになります。
[同]

ああ、やっちゃった、という感じですね。当然また審査に落ちました。

先に相談してくれれば、虚偽申告はやってはいけないという助言は誰でもすると思うのです。だいたい、主婦でも学生でもクレジットカードは作れるのですから、単純に年収で審査落ちということはあまり考えられませんので(変に低所得の場合はアレですが)。

さて、審査落ちが続いてちょっとムカついてきたX氏、ここで、審査が通りやすいといわれているいくつかのカードに続けて申し込んでみたわけですが──

間違っても一度に複数枚のお申し込みはしないようにしましょう。
[同]

何だかもうドツボです。

結局のところ、最初の1社目の申し込みの際に慎重になっておかなければならないようです。30代以上で「スーパーホワイト」に該当する場合は、おとなしくデビットカードから始めるのが無難かも。