嘘つきで約束を守らない国として世界におなじみの韓国は、ついに日本からの抗議そのものを聞いていないと言いだしました。

嘘つきで約束を守らない国として世界におなじみの韓国とは、もはやいかなる外交交渉も無理だし無駄である、ということが明らかになりました。とりあえず日韓外相会談などの形式を踏みつつ、今後は〈事実上の断交〉へ向けて進むのがよいでしょう。

いつまでもこんなことばっかりだから、いつまでも野党は支持を伸ばせないのだということを、いつまでも野党が理解できないというのが、本当に不思議でなりません。自民党だけが強すぎる状態は決して健全とはいえず、野党にはちゃんと頑張ってもらって政治に緊張感を生み出してほしいのに、いつまでもこの体たらくです。野党には毎度がっかりです。

もう、とにかく「アベヤメロ」と発音するためのネタなら何でも無理をしてでも使ってやろうという浅ましい根性が、すっかり身についてしまっている感じですね。

ちなみに、桜田五輪相のいわゆる「がっかり」発言問題というやつは、例によって報道媒体がよくやらかす“切り取り文学”だったようでして──