12日の全日空37便(NH37)のトラブルについての、当日の夜の報道の一つです。「CAの声が震えていた」というフレーズが極めて印象的だったことから、これが一人歩きしてかなり伝播した嫌いがあります。

ただ、機内の気圧が異常に下がったために客室の酸素マスクが落ち、機が緊急降下するという、いってみれば特に珍しくもないたぐいのトラブルで、フライト・アテンダントの声が震えるなどということは考えにくい(ましてや日本を代表するFSCの一つである全日空で)ため、私はこの報道にはかなり違和感を覚えました。まあ、しょせんは「BuzzFeed」ですし。

その後、機内の様子を撮影した人がYouTubeで動画を公開してくれました。

フライト・アテンダントの声は別に震えていませんね。ちゃんと仕事をしています。読み上げ原稿の途中でトチったりしているものの、口調は平静です。

また、フライト・アテンダントの案内のあとに、コクピットから機長か副機長が直接説明しており、すでに安全な高度まで下がったのでマスクを外してもよいと伝えています。

この一件では何ごともなかったからよかったものの、日航123便墜落事故(1985年)の時なんか、マスコミがいいかげんなことを報道したものだから、乗員の家族がバッシングされるというおかしなことになりました。

“煽り記事”を鵜呑みにしてはいけませんね。上掲の動画を撮影した方も、一部報道で変なことを言っているから実際の様子を公開した、との旨をコメントしています。

ちっとも現実味の感じられない急な訃報というものに接し、呆然としている。「白骨の御文」がすぐさま頭に浮かぶも、あまりにも急すぎる話でまるで胸に迫ってこない。

そういうことも含めての「白骨の御文」だったのだと気づかされるばかりである。「我やさき、人やさき、きょうともしらず、あすともしらず」とさんざん聞いてきたはずが、この耳は全く聞いていなかったのだと思い知らされる。この人はまだだろう、私もまだかな、あの人はそろそろ、などと勝手に思っているのである。

南無阿弥陀仏

いやいや、ずっと前から韓国には世界なんか見えていませんよ。

まあ、ソウルのバスの座席に悪趣味な人形を据えて乗客1人を余計に立たせるのは勝手ですが、いわゆる慰安婦問題は一昨年の年末に「最終的かつ不可逆的」な解決合意に至っていますし、日本は韓国側の要求通りに金も払いましたから、もう済んだ話です。どんなに騒いでも聞きませんよ。

北朝鮮がわざわざ8月15日という日を狙って軍事的挑発をしかけてくるのではないかという嫌な予感もしていますが、正午現在そのような報はないようです。今日ぐらいは心静かに過ごしたいものです。

一方、アメリカの国防長官の発言が伝えられています。

わが国を攻撃してきたら応戦しますよ、戦争になりますよ、というのはごくごく当たり前の一般論にすぎず、特別な警告でもなんでもありません。