警察も本気を出してきたようです。

刑罰プラス一発免停です。当然ですね。

ついうっかり線をはみ出てしまったとか、見通しがいい場所で面倒だから一時停止をしなかったとか、短時間だからいいだろうと思い路上駐車してしまったとか、そういった違反とは全く違います。他人への明白な悪意と危険を伴っている行為ですから。

ドラレコの動画を投稿すると、警察が「鬼退治」をしてくれるという、すばらしいサイトを岡山県警が11月21日から運用しているそうでして、それによる初めての摘発が行われたとのことです。

この取り組みはぜひうちのほうでもやってほしいです。埼玉県警は今すぐにでも岡山へ視察団を送るべきです。

このやりとりは私もたまたまTwitterで見ていました。一次ソースを参照したほうが分かりやすいので引用します。

高橋洋一氏がどこかでレイシズムやファシズムとおぼしき発言をしたとは、ちょっと私には考えられません。彼は元財務官僚で、現在は大学教授を務める経済学者であり、メディアでは経済政策などについて論じている人です。

この件、サクッと答えを言ってしまうと、いわゆるリベラル(似非リベラル)による無意味なレッテル貼りの典型例なのですよね。

日本では「保守」「リベラル」「右派」「左派」などの用語が正しく使われておらず、無意味なレッテルと化しているということを、私は以前に言いました。

石垣のりこ氏が使った「レイシズム」「ファシズム」という語もそれらに準じます。恐らく彼女は「レイシズム」「ファシズム」の語義をまるで分かっていなくて、ただ単に〈わたしの気に食わない奴らにこういうレッテルを貼ってやればわたしの勝ち〉ぐらいの感覚で使っているだけでしょう。これ、別に目新しいことでもなくて、それこそ似非左派の伝統芸です。

石垣氏の場合はあくまでも極端で分かりやすい典型例ですが、いわゆるリベラルの言説なんてしょせんその程度です。こういうリベラルぶっているだけのただのアレではなく、健全なリベラル勢力が日本には必要ではないでしょうか。

あのSayaが劇的に進化しました。ついに声を得て、人間と会話するようになったのです。

もともとSayaは3DCG素材であって、〈頭脳〉は持っていません。音声言語の認識や発話には「りんな」ベースのエンジンを採用しているとのことです。ええ、すでに音楽を配信したり、ラジオでレギュラーのパーソナリティを務めたりと、大活躍中のあのAIです。

見た目には人間にしか見えない水準に達したCGが、文字と音声だけなら人間と紛うようなAIの能力を得て、これからどこへ向かうのでしょうか。そして、そう、来年は5G元年となるだろうといわれていますよ。

もう、1年先のことが全く想像できない世界になりました。

さやかなる影のみありて現身の体なきまま声きこゆとは

さやかなるかげのみありてうつそみのからだなきままこゑきこゆとは